フィんにちはHOME

フィンランドからこんにちは、略して「フィんにちは」ブログ

  • Instagram
  • twitter
  • RSS
  • feedly

世界一難しい言語はフィンランド語…じゃなかった。

vaikeakieli4

フィンランドに住んでいると、
フィンランド語は難しい?
と、よくと聞かれます。

もちろん答えはYESなので、
「はい、すっごく難しいです!」
と言うと、
「やっぱりね」
と言った感じの反応が返って来ます。
どうやらフィンランド人は「自分たちの言語は世界で最も難しい言語の一つ」と認識しているようです。

そんなフィンランド人の認識を裏付けるような記事が、Yleのホームページに載っていました。
記事によると、英語が母国語の人にとって、フィンランド語は世界で2番目に難しい言語と分類されるそうです。

vaikeakieli1

Maailman vaikeimmat kielet listattu: katso miten suomi sijoittuu – Yle

Yleの記事に載っていたのは、アメリカのForeign Service Institute (外交研究所)が行った調査で、英語を母国語とする学生が外国語を習得するのに何週間必要だったのかを言語別に比較したものです。

調査の結果、最も時間がかかる言語と分類されるのはアラビア語、日本語、韓国語、広東語、標準中国語で、フィンランド語は二番目に習得に時間がかかる言語と分類されました。

記事に書かれていたフィンランド語が難しい理由は、

・ ロマン語やゲルマン語との共通点がないこと
・ 15もの格変化があり、言葉の細かい語尾の違いによって意味が変わること
・ 主語を「あなた」から「あなた達」にすることによって尊敬語となる特種な用法
・ 彼、彼女という表現がなく、男性も女性も「hän(ハン)」だけで表現する特種な用法
※ロマン語…スペイン語,フランス語など ゲルマン語…ノルウェー語・スウェーデン語など

などが挙げられていました。
一言で言うと「英語とは全然違うから」ってことでしょうね。

vaikeakieli2

イングリッシュスピーカーにとってフィンランド語がかなり難しい、というのは私の経験と照らし合わせても解る気がします。
というのは、フィンランド語学校で会った外国人の中でも、英語を母国語とする人のフィンランド語は、かなり下手くそだった印象があるからです(何人も見た訳ではありませんが)。

フィンランド語の読み方はローマ字読みが基本なのですが、イングリッシュスピーカーは早くもそこでつまずいていました。
加えて英語っぽい発音がなかなか抜けない。
ある時「英語でしゃべってるのかな?」と思ったらフィンランド後で喋っていた、なんてこともありました。
発音のクセは誰でもありますが、彼らのフィンランド語はダントツに聞きづらかったです。

一方で、英語の発音が苦手な日本人ですが、フィンランド語の発音はよく褒められてます。
フィンランドではちょっぴり優越感(笑)。
ちなみにフィンランド人の日本語の発音はキレイです。

ところでイングリッシュスピーカーにとってフィンランド語が難しいなら、フィンランド人にとって英語は難しい、ということになりますよね。
でも大抵のフィンランド人は英語は上手に話します。
彼らに理由を尋ねると

・早い段階から英語教育がはじまるから
・日本では英語で書かれたものなどは全て翻訳されて入ってくるが、フィンランドには全てフィンランド語に訳されて入ってくるわけではない。なので、自然と英語を読む機会が多い

などと言っていました。
なるほどね。

ところで先日、義父に会った時、この記事のことが話題に出ました。
「フィンランド語は世界で二番目に難しい言語らしいよ…」と義父が言った時、心なしか残念そうに見えました
世界一じゃないんだ…、とガッカリしたのでしょうか?
ちょっと可愛いかったです(笑)。

ではまた!

世界一難しい言語はフィンランド語…じゃなかった。 への7件のコメント


コメント

  1. mayu より:

    はじめまして、はとこさん。

    先日一週間ほどヘルシンキ行ってきました!
    外国特有の匂いもなく空港についた瞬間からテンションあげあげでした(笑)

    フィン語、ホント、わけわかんない((+_+))
    英語もだけど(笑)

    • 鳩子 より:

      mayuさん

      コメントありがとうございます!

      確かにフィンランドは空気がさらっとしていて、透明、白という感じがしますね。
      クセがないので日本人には合っているかもしれません^^

      フィンランド語、訳わかんないですよね。
      移住すぐの時は英語に近いスウェーデン語表記を探して理解しようとしたものです(笑)

  2. AngieBXL より:

    こんにちは。以前のブログサイトで「ヨコハマ・ハカタ…」の意味を教えていただいたものです。久しぶりにお訪ねしたら、サイト変わっててビックリしました。

    自分の母語は世界一むずかしい言語だと思いたがるのは、どうも世界共通みたいですね(イングリッシュスピーカーは稀有な例外)。日本語が世界一むずかしいと思ってる日本人は多いし、私も(これまでのところ)フランス人、リトアニア人、ロシア人、タイ人に「私の国の言葉はチョー難しいのだ!」と胸をはられたことがあります(笑)

    ちなみに私個人は、難しいファクター(発音とか文字とか文法の一部とか)が言語によって異なるだけで、総合的にみれば、どの言語も難易度は同程度じゃないかと思ってますが、どうでしょう?

    • 鳩子 より:

      AngieBXLさん

      お返事大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
      コメントありがとうございました&お久ぶりです!
      ヨコハマ・ハカタ、懐かしい!

      確かにどの国の言語にも独特の難しさがあり、発音、文法、文字、口語表現の多さ、方言の多さ…などを加味すると、総合的に見れば難易度は似たようなものかもしれません。
      例えば日本語なら話すのは簡単でも読み書きは難しいとか、英語はシンプルだけどイギリス、アメリカ、インド…とそれぞれの国の発音やクセに慣れるのが大変だったりとか、比べるのは不可能でしょう。

      ただ「やっぱりフィンランド語難しいんだなぁ」と感じるのは、クラスメイトの反応を見ているからです。
      こちらでは多言語を操る移民に沢山会ったのですが(多い人は5カ国語とか、自称ですけど)、そんなスーパー頭の良い人たちでも「なんでフィン語はこんな複雑なの?」「なんでこれも格変化させなきゃいけないの?」「他の言語ではもっとシンプルな構造になってるのに」と文句を言っているんです。
      で、母国語の方が簡単だ、という人が多い。ハンガリー人だけは例外ですが。

      ところで最近、「文法が複雑とか発音が難しいとか、そういう捉え方をすること自体意味がない」と言う人に会い、目からうろこが落ちました。
      最初はその意見にビックリしましたが、確かに文句を言っても何も始まりませんよね。
      AngieBXLさんの言うように母国語が難しいというのが一種のお国自慢なら、「私は難しい言語を勉強しているのだ!」と言うのも一種の自慢なのかもしれず、この話題って実は無意味?なんて感じ始めてしまいました。
      話題としては面白いのですけどね。

  3. ゆいか より:

    はじめまして!
    ムーミンが好きで
    いつかフィンランドへ行ってみたいと思っています。
    今は受験生なので、
    大学合格したらフィンランドについて詳しく調べようと思ってます(≧▽≦)
    フィンランド語もやっぱり話せるようになりたいです☆
    どうやって勉強しましたか??

    良いサイトに出会えてうれしいです♡

  4. tammta より:

    こんにちは、私も中国語は世界一難しいと言われた、発音、聞き取りは難しいが文法はそうでもない。(イングリッシュスピーカーは稀有な例外、いいやアメリカ人も英語が難しいと思っている人も、マークピターセンがそう言った。フランス人にフランス語より英語が難しいかったと言ったら怒られたとサイトで見たことありますが。もし簡単て言ったらどんな反応が返ってくるんでしょうかね

  5. […] とされていますが、なぜか日本人には容易。(逆もしかり) […]

コメントする